代謝機能を促進する

馬のプラセンタと豚のプラセンタの違い

プラセンタは、とても人気のあるものです。
ですが、豚由来のプラセンタと馬由来のプラセンタといったように、プラセンタにも種類があります

では、こちらの2種類のプラセンタの違いは、どのようなところにあるのでしょうか。

まず、馬のプラセンタですが、こちらは豚のプラセンタと比べて希少価値の高いものとなっているという点です。

これは、年間で2回複数頭出産をする豚と比べ、年間に約1回しか出産しない馬の方が、胎盤を得る機会が少ない為です。
また、馬は出産後に胎盤を食べてしまうので、得られるプラセンタの量が必然的に少なくなってしまうからです。

こういった点から、馬のプラセンタは希少価値が高いと言われているわけです。

また、豚のプラセンタには存在しない必須アミノ酸が、6種類も多く含まれているため、単純に効果を期待することが出来るわけです。
そして、馬のプラセンタは、豚のプラセンタと比べると全体的にアミノ酸の量が多いというデータもあります。
こうした部分でも、馬のプラセンタは成分的に優れていると言えるのです。

一方で、安全性が高いというのは豚プラセンタであるという意見もあります。
豚のプラセンタの方が、遺伝子的に人間に近い部分があるからです。

豚のプラセンタと馬のプラセンタの違いというと、これが主なものとなります。

同じプラセンタであるという以上は、そこまで劇的な違いはないのではないでしょうか。
どちらを使用するかという点に関しては、個人の自由といってもいいでしょう。
こちらにはプラセンタの有効成分についてや、製品ごとの特徴などについてかかれています。
とても参考になるサイトですのでご覧ください。
また、国産プラセンタについての記事も是非ご覧ください。

このページの先頭へ