代謝機能を促進する

プラセンタの種類

このページでは具体的なプラセンタの種類について紹介します。

基本的に、豚由来のものと馬由来のものに分別することが出来ます。
その他にもあまり知られていませんが、植物性プラセンタもあります。

豚と馬どちらも胎盤に含まれている有効成分を抽出したものであることに変わりありませんので、成分的に大きな違いはありません。

ただ、馬由来のプラセンタは高級品であり、希少価値の高いものであると言われています。
これは、馬の胎盤自体があまり取ることが出来ないといったところが理由となっているとのことです。

それに対して、豚は飼育頭数も多く、胎盤も取りやすいです。
ですから、主に安めのプラセンタと言ったら、この豚由来のプラセンタとなっていることが多いです。
その為、プラセンタと言ったら豚由来の物の方が知名度は高いと言えるのではないでしょうか。
そんな豚由来のプラセンタの特徴がこちらでまとめられています。

ちなみに、豚由来のプラセンタと比較すると、
馬由来のプラセンタの方が、アミノ酸などの成分が多量に含まれているということが分かります。
馬由来のプラセンタの特徴はこちらになります。

もしも豚由来のプラセンタを使っていて、それほど効果がないなと思うのならば、馬由来のプラセンタを試しに使ってみる、というのも悪い話ではないのではないかと思います。

どちらも探せばどこでも売っているものですから、一度気軽に購入してみてはどうでしょうか。
プラセンタの効果的な摂取方法はこちらで紹介されていますので参考にしてください。

このページの先頭へ